社会実学とは

社会実学とは、人々がより豊かになるための実益の学問であり、実践の学問である。社会実学はまた、人々の生活や事業が繁栄し、文化を守る一助となるための方法論であり、発想法であり、思想である。人は、日々の生活や企業経営に社会実学を活かすことによって、”人のあるべき姿””企業のあるべき姿”を取り戻すことができるようになる。社会がより豊かになることを願い、「人が支え合う社会」「人々が笑顔になれる社会」の実現を目指して、社会実学研究所は社会実学の普及・啓蒙を行う。(「社会実学」は、一般社団法人社会実学研究所の登録商標です。)

実際に役立つ実益

実際に使える実践

社会実学の範囲は、一般的な経済学や歴史学、化学、数学など一般的な学問から、昨今大学で新設されているような学問まで多岐にわたり、それぞれの学問においてあなたの生活に欠かせない部分が社会実学そのものなのです。

様々な学問のあなたの生活に欠かせない部分→社会実学

社会実学は、様々な学問を基にした “知識”を、単なる知識のままにせず、生活の中で活かせる“知恵”を生みだす知識として、あなたの生活に役立つものにしました。“知恵”を生みだし、さらに、それを多くの方と共有することで、より理解は深まります。人々の生活スタイルの変化が加速する今、社会実学はますます欠かせないものになります。
そして、社会実学を学ぶことであなた自身はもちろん、あなたの周りの人々と共に、より豊かな生活へと進化していきます。


実践なき学問では
意味がない

社会実学研究所は、性別や世代、職業を超えた新たな学びを提供します。本当の意味での「学び」とは、日々の生活や仕事に活かされることです。当研究所が提唱する「社会実学」とは、日々の生活で役立つ学問であり、「実益×実践」の学びです。



世代や職種を超えて
あらゆる方へ

社会実学は、様々な学問を基にした “知識” を、単なる知識のままにせず、生活の中で活かせる“知恵” を生みだす実学として、あなたの生活に役立つものにしました。“知恵” を生みだし、さらに、それを多くの方と共有することで、より理解は深まります。人々の生活スタイルの変化が加速する今、社会実学はますます欠かせないものになります。そして、社会実学を学ぶことであなた自身はもちろん、あなたの周りの人々と共に、より豊かな生活へと進化していきます。



どんな社会でも
必要なことは何か?

社会実学研究所は、どんな社会になっても必要な新たな学びを提供します。社会がこれまで誰も経験したことがないスピードで変革しています。IT革命が始まった年代以降、技術革新はそのスピードを増して進化を続けています。
また、天変地異、自然災害、戦争や疫病、未知のウイルスなどにより社会は大きな変化を求められます。どのような時代を迎えようとも、また国や人種、世代に関係なく、これからの社会で必要となるものを伝えて参ります。そのためにも様々な分野の会社を経営する理事長の片山と、アカデミックな分野で全世界を舞台に活躍する所長の田村を中心に、各分野の第一人者の英智を結集し、考え抜かれた「社会」に役立つ「実学」を探究して参ります。



だれでも生活にすぐ活かせる生きた実学を届ける。実益・実践の学問であるために

オンライン
幅広い層に向けた
情報発信

「いつ」でも「どこ」でも繋がる

だれでも参加できることを重視。SNSを活用し、より多くの方へ生きた実学を。

見ているだけで学びにつながる情報発信
社会実学を生活に活かすための様々な配信。見ているだけでも「ためになる」内容が満載。
多彩なゲストとの対談動画配信
国内外の各界における第一人者や著名人(大学教授、人間国宝クラスの芸術家、五輪メダリスト等)との対談動画。
社会実学の解説および著書の解説
社会実学を具体例や実践例を示しながら、わかりやすく解説。理事長や所長の著書を深堀りすることも。
ライブ相談(リアルタイムQ&A)
理事長および所長とリアルタイムで質疑応答をおこなったり、日頃のささいな疑問を投げかけ。

オフライン
顔を合わせた
人とのつながり

「会うこと」で深まる

日本全国各地での講演会や懇親会も充実。より身近に、より鮮度が高い生きた実学を。

全国各地での講演会
日本全国各所で行われる講演会。理事長、所長自らが「社会実学」を生でお届け。
地域別・世代別の各支部
各地方支部や女性のみの支部などを設置し、社会実学を普及。
地域やその世代にねざしたコミュニティを形成。
懇親会・オフ会・イベント
コミュニティが広がっていき、学ぶ楽しさを共有することで、より深い学びに。
地方創生活動
地方における問題を会員のチカラで解決に導いていく活動。問題提起から解決までをプロジェクト化。

オンラインサロン登録はこちら